進行役の麻里子キャロラインよりのメッセージ
 

これまで一般の人はおろか、当事者もよく実態を把握できていなかった重国籍問題は、蓮舫さんに起きた出来事で一躍有名になりました。

私は蓮舫さんのことが騒がれた当初、彼女へのバッシングが全て自分へのように感じて、軽い鬱症状が出るほど苦しみました。

当事者もあまりよく知らされていないこの法律。できればスルーして波風たたなく過ぎてほしい。でも、なぜか後ろめたくてドキドキする不安。その不安はどこからくるのか…?

★当事者が判断するのに十分な情報がない
★この法律に斬り込むことは実は日本の家父長制度の根幹を問いただすことである。
あまり知られていない事実。実は1985年以前は「合法的な二重国籍者がいた」。
では1985年に法改正された際に、どうして22歳で国籍を一つに選択させる法律を付加したのか? 
外圧も大きく加盟せざるを得なかった【女子差別撤廃条約】そこに盛り込まれていた父母両系の国籍条約。でも、父母両系をやっぱり認めたくないから『国籍選択制度』を設けた日本。
このような情報は当事者でも相当関心の高い人にしか調べられていません。

今回、武田里子さんをファシリテーターにお迎えして、多くの当事者が集い、武田さんにいろいろな疑問を聞いたり当事者同士の情報交流を実現させたりしたいと切に願い、このような会を企画しました。
当事者以外でも、この問題について知りたい方は見学という形で参加していただけます(ただし、当事者がいるセンシティブな場所ですので、荒らし目的の方は即退場していただきます)。


  閉じる