二重国籍容認を求めて

国際結婚を考える会では、日本と外国の二つの国籍を持っている人たち、
主に国際結婚で生まれたこどもたちが、これから一生そのまま
二重国籍を保持できるよう希望しています。
しかし、1985年に改正された日本の国籍法には国籍選択制度が設けられており、 
二重国籍は期限付きでしか認められていません。
現在、会では国籍選択制度ををなくすよう国籍法の改正をしてもらうべく、 
請願運動を展開中です。
また、海外に在住している日本人がその国の国籍を取得しても日本国籍を保持
できるように、日本国籍喪失規定の再検討を求める請願運動も同時に行っています。

■会の要望していることについて、くわしくは会の要望書をごらんください。

■私たちの想い 〈 法務大臣に宛てた要望書より

■請願委員より 〈 今、当事者として国に問いたいこと

■参考資料: 国籍法(二重国籍)の知識を増やそう …… 一般的な場合 日独の場合

■請願署名用紙、記入の仕方については以下をご覧ください。
  青いハイパーリンクの部分をクリックすると署名用紙が印刷できます。 
  署名用紙は請願書(表)と署名欄(裏)の2ページになっています。 
  A4用紙に両面印刷し、下記の注意書きをよく読んで署名してください。 

 国籍選択制度の廃止を求める請願署名用紙 English Francais Deutsch 
 元々日本国籍を持っている人が日本国籍を 
     自動喪失しないよう求める請願署名用紙 English Francais Deutsch

 署名用紙の記入の仕方 English Deutsch Francais 
                ※記入についてはQ&Aもごらんください。
 

■請願運動についてよくあるQ&A

請願報告

請願結果

署名用紙は請願委員中お住まいの近くの委員へご送付ください。
海外からの場合はだれへでもけっこうです。



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム