今、当事者として国に問いたいこと

                          国際結婚を考える会 請願委員

(この文書は、2009年に紹介議員を通して
           国会の法務委員会に提出の予定で制作された質問書です。)

先に国籍法が改正されてから、今年で25年が過ぎています。
この改正がなされたときの世界はまだ、単一国籍の原則が多かったのですが、今、世界で重国籍を認めることが主流になりつつある中、先進国として、また国の成長を維持するために、海外との交流をこれからますます進めていかなければならない日本が、いまだに重国籍を認めない国籍法を持っていることで、貴重な牽引役をみすみす捨てることになっていることを、国として、どうお考えになるかを聞いてみたい と切に思います。

世界の主流がそうであるからといって、それだけで日本がそれを取り入れる理由にはなりませんが、こと国籍の問題に関しては、関係国とのバランスが非常に大事な鍵になっています。国外で日本人が仕事を続けていく上で、その国の国籍取得が重要な要素を含んでいる場合、重国籍を認められているほかの国の国民とでは比較にならない苦汁の選択を迫ることになり、圧倒的に不利な立場に立たされています。
国が重国籍を法律で認めることで、海外に住んでいる日本人に際限なく日本国籍が広がっていくことを憂慮されるのであれば、それはまた、ある程度の制限をする条項を設けることで整備することができます。
今、重国籍を認めている国でも、祖国との関係があまりなくなったと思われる海外への移住者の国籍継承には、ある一定の規則を設けているところがほとんどです。
そういった、海外の例を参考にしながら、今一度、今の日本にとってどういう国籍法が最適なのかという再考を早いうちにしておくことが、海外に移住し日本の顔となっている日本人、また両国の文化を自然に自分のものとし、日本人としての誇りを持って日本国籍を継承したいと思っている若い世代の活動の糧になり、ひいてはよき日本の理解者を世界中に増やすことになります。 この対処が遅くなればなるほど、この人たちが日本のために活動できる確率もどんどん減っていきます。

以下、会員の声の中から、現在の国籍法が、どのように個人生活に直接不安を与えているか、また、本来自分は日本人でもあると信じている若い世代が、一般の日本人と同じであるとは日本側に認められていないと感じているという実例をお知らせします。

☆ 国籍選択制度について。私の子供は生まれたときから、父と母の両国籍を有する重国籍者です。そして、22歳を過ぎても、まだどちらを選択すべ きか決心がつかず、選択しておりません。現在、この制度は機能しておらず、選択していない人が沢山いる、と聞いています。在外領事館でパスポートの更新を申請しても、国籍選択については問われません。でも、領事館には国籍選択のパンフ レットが置いてありますし、法律で決められていることは、本人も知っています。それ故、日本のパスポートを使うときには、罪悪感とまではいかなくとも、後ろめたい気持ちを持っています。
そこで、国に質問したいことは、生まれながらにして授かった日本国籍を、外国籍も有するからといって、どうして末梢しなければいけないのでしょうか。
菅首相は、平成の開国を宣言しています。まさに日本においての開国は、人材の開国です。成人の重国籍についても、成人が外国籍を取得したからといって、 生まれながらにして与えられている日本国籍をどうして捨てなければならないのでしょうか。日本人のグローバル化を叫びながら、貴重なグローバルの日本人をどうして排除するのでしょうか。
何が日本国にとって不利益になるのかわかりません。私の子供は、海外で育ち、教育を受けていますが、日本も母国であることに誇りを持っています。日本人に国籍放棄を迫る法律の改正を願わずにはいられません。

☆ 私は日本国籍、夫がアメリカ国籍であり、彼の仕事上アメリカ国籍をとってほしいという彼の上司からの要望が今までに何度もありました。しかしながら法律上では「アメリカ国籍を取得=日本国籍の放棄」ということにより、どうしてもアメリカ国籍取得に踏み切れずにおります。成人の二重国籍が認められることを切に願います。

☆ 昨年韓国の国籍法が改正され、部分的にではありますが複数国籍が合法化されました。
私は出生時に日本と韓国の重国籍者でしたが、韓国の改正前の国籍法に定める国籍選択義務年齢までに韓国国籍を選択しなかったので、韓国国籍を自動的に喪失しました。
今回の韓国の法改正で私のような者でも改正法施行後2年以内に国籍再取得の申請をすれば、今持っている他方の外国国籍を放棄することなく韓国国籍を再取得できることになっています。しかしここで韓国国籍再取得の手続きをすると、日本の法律では日本国籍を喪失することになってしまいます。それが怖くて今何もできずにいます。
私は韓国人の夫と結婚し、現在韓国に住んでいます。だから韓国の国籍があった方が生活の便宜上も困らないし、何よりもともと持っていて、法律により「喪失」した国籍を「再取得」できる機会が今目の前にあるのにそれをみすみす見逃すのは非常に辛いです。
日本には母もいるし、またこの先いつ日本に帰ってきて住みたいと思うかもわかりません。韓国国籍を取得したことにより日本国籍を喪失することになれば、私は日本にとって永遠に外国人になってしまいます。生まれながらにして日本国籍を持ち、ずっと日本で住んできたにもかかわらずです。どうか、この機会を私から奪わないでください。どうか、一日でも早く、日本の国籍法が重国籍を認めてくれますように!!

☆ 私の知人で、二人ともドイツで長年音楽家として活躍している日本人のご夫婦がいます。この人たちの娘さんは、ドイツ生まれドイツ育ちですが、両親とも日本人なのでもちろん国籍は日本ですし、日本の祖父母のところにもよく遊びに行き、日本の文化にも慣れ親しんでいました。成長するにつれ、日本の武道に興味を持ち、空手の選手としてドイツのスポーツクラブで認められていき、ドイツ代表として海外遠征をする選手団に推薦されるようになりました。しかし、ドイツ代表になるにはドイツ国籍が必要です。
この空手の選手団には、他の国出身の選手もいましたが、多くの場合重国籍を認められている国の人が多く、何の葛藤も問題もなくドイツ国籍を取得し(ドイツも基本的には重国籍を認めない国籍法を持っていますが、本人に相手国との重要なつながりが認められる場合、もとの国の国籍を放棄しなくても重国籍を認めドイツ国籍を与えるというかなり寛大な措置が多くとられています。)、彼女だけが非常に苦痛の心の葛藤の末、自分の将来を考えて、涙ながらに日本の国籍を放棄し、ドイツ国籍を取得することにしました。
空手という日本の文化をドイツに紹介できるまたとない人材から、日本の国籍を奪ってしまう結果になっているのは非常に残念です。

☆ ヨーロッパには現在ではたくさんの日本人学校や日本の補習校があり、たくさんの日本人とその国のカップルとの間の子供たちも、日本語や日本の文化を学ぶために通っています。このような学校で日本語を学んでいる子供たちは、高校を卒業したあとに、ぜひとも日本の大学で学んでみたい、と夢見ている子供もたくさんいます。
高校を卒業したあと直接日本の大学を受験しようとすると、日本の大学の受験制度は、普通の日本人枠、帰国子女枠、外国人枠、というものに分けられており、ヨーロッパの普通の高校に通いながら週に一度土曜日だけ日本語の補習校に通っている生徒には、日本人枠や帰国子女枠で受験をするには到底日本語の能力が追いつかないので、外国人枠で受験しようとすると、その日本の大学から、「それでは日本の国籍のほうを離脱してから受験してください。」と指導されたということで、泣く泣く日本国籍を放棄した例、また、受験をあきらめた例が、イギリスとドイツで報告されています。
この人たちは国費留学を申請したわけではなく、まったくの自費で私立の大学への留学の予定でした。それでも、こんなに非情に国籍条項を要求してくる大学の方針の陰には、重国籍を認めないという日本国籍法が、日本の国民の意識に影響を与え、学ぶ意欲のある若者には大きく門戸を開くべきはずの日本の大学の経営陣の視野をも非常に狭くしている結果になっています。

☆  ある日本人でドイツの会社に勤めている男性が、仕事の関係上、フランスに何年か住む必要が出てきました。ドイツには日本人として住んでいるので、フランスに何年か住むことになればドイツでの滞在許可証の期限が切れてしまいます。
会社の上司からは、ドイツ国籍も取得するように勧められました。EU市民の資格になれば、EU圏内を自由に移動できるようになります。ですが、彼は日本に両親もいることを考え、何とか日本国籍のままでがんばらざるを得ないという結論に達しました。彼のキャリアにとっては大きな不利になることですが、彼にとって日本国籍を失うことはできない決断でした。

以上、例を挙げればきりがないのでしょうが、このように、いかに今の日本の国籍法が、日本にとって貴重な人材をみすみす手放しているか、また、日本人の海外でのチャンスを奪っているか、具体例とともにお知らせいたします。

                                   国籍法請願運動のページに戻る



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム