請願報告


国際結婚を考える会の《国籍選択制度の廃止を求める請願》と《成人の重国籍容認を求める
請願》に署名していただき、誠にありがとうございました。
皆さんが送ってくださった請願署名は、毎国会ごとに国会に提出されています。
なお、2012年から《成人の重国籍容認を求める請願》の題名を《元々日本国籍を持っている 人が日本国籍を自動喪失しないよう求める請願》と変更しました。請願内容は全く同一ですので、これからもご協力をよろしくお願いします。

請願書は、議員の紹介により提出されることが義務づけられています。この請願書を提出して くれる国会議員を紹介議員といいます。
国民が国政に対する要望を直接国会に述べることのできる請願は、憲法第16条で国民の権利として保障されており、国内においては国籍・年齢の制限はありません。
したがって、海外では日本国籍のある方(未成年も含む)に限られますが、日本国内に在住の 外国人の方及び未成年の方も請願することができます。

[2008年170回(臨時)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願: 2092筆
成人の重国籍容認を求める請願: 2048筆

参議院の紹介議員33名
衆議院の紹介議員25名

それぞれの請願について52通、合計104通の請願書が、請願課に提出されました。



[2009年171回(通常)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願: 2593筆
成人の重国籍容認を求める請願: 2485筆

参議院の紹介議員33名
衆議院の紹介議員22名

それぞれの請願について55通、合計110通の請願書が、請願課に提出されました。



[2009年172回(特別)国会 ]

衆議院選挙後の4日間のみの開催のため、請願の受付はありませんでした。



[2009年173回(臨時)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願: 1372筆
成人の重国籍容認を求める請願: 1239筆

参議院の紹介議員24名
衆議院の紹介議員23名

以上が、集まった署名数とお願いした紹介議員の数です。
以下は、結果的に提出された紹介議員と署名の数です。

国籍選択制度の廃止を求める請願:1130筆
成人の重国籍容認を求める請願: 910筆

参議院の紹介議員18名
衆議院の紹介議員20名



[2010年174回(通常)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願: 2624筆
成人の重国籍容認を求める請願: 2155筆

参議院の紹介議員15名
衆議院の紹介議員14名

以上が、集まった署名数とお願いした紹介議員の数です。
以下は、結果的に提出された紹介議員と署名の数です。

国籍選択制度の廃止を求める請願: 2392筆
成人の重国籍容認を求める請願: 1914筆

参議院の紹介議員11名
衆議院の紹介議員12名



[2010年175回(臨時)国会 ]

参議院選挙後の8日間のみの開催のため、請願の提出はしませんでした。



[2010年176回(臨時)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願: 1478筆
成人の重国籍容認を求める請願: 1185筆

参議院の紹介議員6名
衆議院の紹介議員13名



[2011年177回(通常)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願: 1587筆
成人の重国籍容認を求める請願: 1383筆

参議院の紹介議員5名
衆議院の紹介議員11名



[2011年178回(臨時)国会 ]

野田内閣発足後の18日間のみの開催のため、請願の提出はしませんでした。



[2011年179回(臨時)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願: 956筆
成人の重国籍容認を求める請願: 831筆

参議院の紹介議員3名
衆議院の紹介議員10名



[2012年180回(通常)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願: 1152筆
成人の重国籍容認を求める請願: 1003筆

参議院の紹介議員3名
衆議院の紹介議員8名



[2012年181回(臨時)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願:504筆
もともと日本国籍をもっている人が
      日本国籍を自動的に喪失しないよう求める請願:455筆

参議院の紹介議員3名
衆議院の紹介議員8名



[2012年182回特別国会 ]

衆議院選挙後の3日間のみの特別国会



[2013年183回(通常)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願:1426筆
もともと日本国籍をもっている人が
      日本国籍を自動的に喪失しないよう求める請願: 1370筆

参議院の紹介議員14名
衆議院の紹介議員8名



[2013年184回臨時国会 ]

参議院選挙後の6日間のみの臨時国会



[2013年185回(臨時)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願:1493筆
もともと日本国籍をもっている人が
      日本国籍を自動的に喪失しないよう求める請願: 1419筆

参議院の紹介議員10名
衆議院の紹介議員7名



[2014年186回(通常)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願:874筆
もともと日本国籍をもっている人が
      日本国籍を自動的に喪失しないよう求める請願: 751筆

参議院の紹介議員10名
衆議院の紹介議員9名


[2014年187回(臨時)国会の請願書の署名数は]

国籍選択制度の廃止を求める請願:980筆
もともと日本国籍をもっている人が
      日本国籍を自動的に喪失しないよう求める請願: 947筆

参議院の紹介議員9名
衆議院の紹介議員9名



[2014年188回特別国会 ]
衆議院選挙後の3日間のみの特別国会



[2015年189回(通常)国会の請願書の署名数は]
国籍選択制度の廃止を求める請願:836筆
もともと日本国籍をもっている人が
      日本国籍を自動的に喪失しないよう求める請願: 806筆

参議院の紹介議員9名
衆議院の紹介議員12名



[2015年臨時国会]
秋の臨時国会は、189回通常国会が9月まで延期されたため開かれませんでした。



[2016年190回(通常)国会の請願書の署名数は]
国籍選択制度の廃止を求める請願:1325筆
もともと日本国籍をもっている人が
      日本国籍を自動的に喪失しないよう求める請願:1291筆

参議院の紹介議員10名
衆議院の紹介議員12名



[2016年191回臨時国会]
参議院選挙後の3日間のみの臨時国会。



[2016年192回(臨時)国会の請願書の署名数は]
国籍選択制度の廃止を求める請願:854筆
もともと日本国籍をもっている人が
      日本国籍を自動的に喪失しないよう求める請願:853筆

参議院の紹介議員10名
衆議院の紹介議員5名




■ 署名の締め切りについて

請願署名の締め切りは、6月30日(臨時国会提出用)と1月5日(通常国会提出用)の年2回 となっています。

■ 今は、2017年の秋の臨時国会提出用署名を集めています。

次回の締め切りは2017年6月30日です。
国会ごとに新たな請願ができますので、同じ人が年に二回署名することが可能です。ご協力をお願いいたします。

2017年1月23日 国際結婚を考える会 請願委員


国籍法請願運動のページに戻る



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム