二重国籍にかける私たちの想い 〈 会員の声 〉

以下は会員や会員の子どもが、2003年、法務大臣宛に出した要望書の一部です。


「重国籍の容認を求めます」 在フランス18歳の高校生

ぼくは18才になったばかりの高校3年生です。父はフランス人、母は日本人です。
フランスで生まれフランスで育ちましたが、毎年7月には1ヶ月間、母の実家、北海道で過ごしました。滞在中は、季節保育所―富川小学校―富川中学校 そして、富川高校1年生まで、1ヶ月間だけですが、毎年通いました。フランスにいる時も週に一度、パリ日本語学校というところに通っています。
2歳半下の妹がいますが、彼女とは日本語で話します。小さいときから そうだったので、いまでも日本語で話すのが ぼくにとっては、普通なのです。
ぼくは日本が大好きなので、将来は日本に住むことも考えています。

母が、国籍選択届けというものがあって、日本国籍を維持しようとすれば、「日本の国籍を選択し、外国の国籍を放棄します」という届出をしなければならないと教えてくれました。
日本政府に対して、外国国籍を放棄する努力が義務つけられており、外国の国籍は(あっても)使えなくなるのだそうです。フランスの国籍を選択した場合は、在フランス日本大使館で、日本の国籍を放棄します、と「国籍離脱届け」を提出しなければなりません。
なぜ、ある日突然、「君はもう日本人じゃないんだよ」と言われなくてはいけないのでしょうか?

両親からふたつの国籍を受けついだ子供に、「片方の親の国籍を放棄します」と宣言させるのは過酷な制度です。また両親が日本人で、フランスで生まれフランスで育ち、二重国籍になった子供たちにとっても、事情は同じです。親の国籍か生まれ育った国の国籍のどちらかを放棄しなさいと言われても、簡単に放棄すると宣言できるものではありません。

国籍を放棄しろと言われるのは、ある意味で親や母国を放棄しろと言われるのと同じです。
親の血や母国の文化を受け継いだぼくたちが、アイデンティティーの根本を断ち切られることは大きな痛みを伴います。生まれた時から持っている国籍はたとえふたつであろうとみっつであろうと、そのままそっとしておいて欲しいものです。


「日本ドイツ人」 日本滞在中 日本ドイツ女性

私の母は日本人、父はドイツ人です。20年前、ミュンヘンで生まれ、ドイツで育ちました。
2、3年に一回は、夏休みを母と弟と妹と一緒に、生駒の伯母さん宅で、従兄弟達と過しました。実家では、母と日本語、父とはドイツ語を話しています。兄弟とは、場所によって言葉を使いわけたり、家独特のゴチャマゼ言葉を使ったりしています。

普段のドイツの生活で普通に日本語を話しているせいか、日本へ帰っても、日本人と話すと、「外国の人だって分からないね」って言われる事がよくあります。そう言われると、自分の日本語が伝わっている分には嬉しいんですが、「外国人」という意識は自分にはありません。
「日本人」であるとも言い切れません。ドイツ人でもないです。私は日本人とドイツ人の間に生まれた、日本人とドイツ人が50%ずつまざっている「人」だと思っています。
なので、国籍を選ばないといけない事を、大変複雑に感じています。

去年、ドイツのGymnasiumを卒業して、大学に入る前、日本で10ヶ月生活してみることにして、現在、日本にいます。こっちでの生活になれて、ますます日本が好きになりました。
将来、大学を卒業したら、日本で住みたいと、今は思っています。でも、その為、ドイツの実家が「外国」になるのは納得できません。

「日本人」と「日本人」の間に生まれた子供は「日本人」。「ドイツ人」と「ドイツ人」の間に生まれた子供は「ドイツ人」。なぜ、「日本人」と「ドイツ人」の間に生まれた子供は法律的に「日本ドイツ人」として認めて貰えないのですか? 二重国籍を可能にしてください。


「いとおしい母国日本」 在ドイツ 元日本国籍の女性

二重国籍についてお願いがあります。

国際結婚で生まれた子供たちの国籍選択制度をやめてほしいというお願いは、他のみなさんからお聞きになったことと思います。国際結婚の子供だけでなく、成人して外国に住む者の二重国籍も認めていただきたく、お願いいたします。

私はドイツ人と結婚し、もう29年ドイツに住んでおり、ここに永住するつもりです。そのため、長い考慮の末、ドイツ国籍を取得いたしました。どちらか一つを選ぶとしたら、やはり生活の基盤があるドイツを選ぶことになりました。これで日本国籍を失ってしまったわけです。この先、年老いた母の介護が必要となったとき、私が自由に日本滞在できないと困ると思っています。

そういう特殊事情がある場合だけでなく、日本で日本語を母語とし日本人として成人した者には、日本という母国に対していとおしい思いがあります。外国に住むことの方が多くても、国籍は持っていたいと思うのです。成人の二重国籍を認めることになるときは、それ以前に日本国籍を失った者も再取得できるようにお計らいお願いいたします。

私は日本国籍を放棄したのではなく、やむなく放棄させられたのです。


                                国籍法請願運動のページに戻る



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム