不確定な未来に向けて
 

 私が中東のこの国に初めて来たのは1986年であり、その時は日本社会とここの社会の差はあまりにも歴然としていた。私は戦後教育を受けてきた日本人マインドだったので、徴兵制も戦争も絶対悪であり、民主的な政府が運営する国民国家において各人が平和を希求して真面目に仕事をしていれば、どの国も民族も生活レベルが徐々に上がって共存共栄で豊かになるものだと信じていた。つまり、自分を含む普通の人々が正しい政治的選択をすれば、それはよい結果につながると思っていた。
 しかしその後、この地において多くの紛争、戦争、テロあるいは攻撃とそれへの反撃、ロケットあるいはミサイルの着弾、そして自分の子供たちの兵役経験、分離壁の設置とその影響などを経て、良かれと思って為した政策的な決定が必ずしも良い結果を生まないこと、いくら善意で正しく思えても結果的に死傷者の数が増える選択があり、またその逆もあり得ることを学んだ。そして2017年の現在、世界は大きく変わり、日本の人たちがミサイル発射に備えて議論している事態である。このような日が来るとは、若い時には思いもしなかった。
 しかしこの地に生まれ育った私の子どもたちにとって、このような世の中は小さい時からよく見知っているものなのである。学校には化学兵器攻撃に備えてガスマスクのキットをぶら下げて通い(第二次湾岸戦争時)、長じてからは同年代の知人たちがあるいは兵役中、あるいは別の場所での攻撃で負傷したり亡くなったりした彼らは、今げんざい世界が直面している情勢にはそれほど動じていないように見える。
 彼らはどの国のものであれ、政府や政治家はあまり信じておらず、自分が住んでいる場所の選挙にすらあまり関心がない。兵役には従事したが、それは政府や国家という大きなもののためではなく、共同体と自分の関係であったようだ。だから自分の将来にとって有益だと思えば、住む国を変えたり、別の言語を用いて生活したりすることにもあまり抵抗がない。生き延びるためなら、自分のルーツに関係がない国の国籍もためらいなく取るだろう。そういうアイデンティティに自分の重点を置きすぎると、選択肢が制限されるからだ。だからと言って、何も信用せず個人主義でいくというわけでもない。テクノロジーやアートなど世界のどこでも通用するものを学び、なるべく多くの言語を使えるようにする。そして共同体との関係、友人知人との関係を大切にして、いざとなったら助け合えるようなネットワークを保っておく。世界の各地にそういう友人知人がいれば、なおさらよい。要は、自分の中にも、家族の中にも、友人知人のネットワークの中にも、価値観や得意分野の多様性を作っておけばリスクが分散されるということであろう。そして理念よりも、自分の直観に従って動いていく。
 私はなかなかそこまでふっ切れた感覚にはなれないのであるが、私の子どもたちはとっくにそのような世界の中で適応しながら生きているのであった。


  閉じる