終の棲家
 

 今まで真面目に終の棲家について考えたことはありませんでした。結婚して45年ですから考えなければならないことなのですが、今の生活で精一杯、というか時間はあるのですがあまり考えたくなくていつも心の隅に押しやっていました。

 我が家では、日本とイギリスの間を2回引っ越しして、1994年春からずっとイギリス在住です。娘一家はイギリスの西部のプリモスに在住、息子夫妻はオーストラリアのメルボルンに在住、立派に独立しました。私としてはもう一度夫婦で日本に戻って住みたい、年老いた母のそばにもっといてやりたい、という希望はあったのですが、夫が肺の病気になって長距離フライトに乗れなくなったので、この案は没となりました。その結果、私は里帰りで1か月滞在して親孝行して、後ろ髪を引かれる思いで毎回帰ってきます。

 里帰り中の楽しみと言ったら、何といっても美味しいものを食べることです。こちらで仲良くしている日本人の友達はほとんど国際結婚組(離婚もあり)、和食の美味しさ、それに美味しいものがすぐ手に入る手軽さ、の点で、できたら日本に住みたい、という気持ちは皆同じ。少なくとも3人は、成人した息子娘が日本に仕事などで在住していて、最近の里帰りも長くなり、4か月も滞在する人もいます。
 
 夫に先立たれたら、日本に住みたいという気持ちが年とともに強くなるのは自然の成り行きです。私の知っている人で、最近日本に住みに帰った人(離婚経験者、子供なし)がいますが、引っ越しは大変そうで、よくやったと思います。私がもし、夫にに先立たれたら、持ち家も売らなければならないし、荷物の整理も何もかも一人でするのは大変そうです。日本に帰ってからの住居をどうするのか、という問題もあります。引っ越しにこぎつけるまである程度元気でいなければできないし。ボケ始めたら無理でしょうね。  

 何年か前に、こちらに日本人用の老人ホームを作ろうという動きはあったのですが、チャリティー団体としてひとまず日本人の在留お年寄りに和食を届けたり、生活援助をしてあげたり、ということをしていたのですが、今も活動しているかちょっと確認していません。老人ホームを建てるのは理想ですが、莫大なお金がかかるし、日本人の職員をどうやって調達できるのか難しい問題です。但し、こちらにベトナム人用のホームはあると聞きましたが今も運営できているか確認していません。

 最近、我ら夫婦の周りでも亡くなる友達もでたりして、「死」について考えさせられるようになりました。日本人だとここのローカルの墓地に入るか、日本人墓地に入るか、それとも、家族に頼んで遺骨を日本に持って帰って日本の家族の墓があれば入れてもらったり、または新しく買ったり……(これはとても高そうです)。こちらで時々聞くのは、家族や友人に頼んで、遺灰を船または飛行機から撒いてもらうとか、樹木葬にしてもらうとか……。親しい友達と時々話すと皆色々な意見があり、祖国にとてもこだわって、どうしても日本に埋葬してもらいたい人、夫がイギリス人だと、夫も一緒に日本に埋葬してもらうとか、遺骨を半分づつ両方の国に埋葬してもらうとか、結構複雑ですね。

 私個人は、死んだら魂はお墓にいないつもりなので、あの、千の風の歌みたいに、世界のどこにいても同じかなあ、などと今は思っています。それに、我ら国際結婚家族はどうしても国際的なので我らが死んだとき、娘も息子も世界のどこにいるかも分からない。日本にわざわざ行って埋葬してなんて、そんな勝手なこと、頼みたくないです。一生に一度のお願いなんだからいいじゃない、という人もいますけど、、、、。では、子供がいない人たちはどうなるでしょうか?連れ合いが生き残っても年取っていれば、親戚か友達に頼むしかないでしょう。なかなか難しそうです。

 最近会報で樹木葬について書かれていますが、私もそれはいい案だと思います。ちょっとヤフーで調べてみたのですが、最近日本でも樹木葬の人気があがっているそうです。お墓がとても高くて、手に入れがたい世の中になってきたからだと思います。よほど信心深い人は駄目でしょうが、私みたいな人には合理的でいいみたいな気がします。

 まだまだこれから夫婦でよく話し合わなければならないことですが、今考えていることを書いてみました。これからの状況次第でどう変わるか分かりませんが……。あまり隅っこだけに押しやってはいけない問題ですね。


  閉じる