映画「主戦場」に思う
 

「歴史修正主義」という言葉を知ったのは国語の教材からだった。正規の職に就けないまま、高校や予備校の講師として細切れの時間勤務をしていた頃、出会った文章のキーワードのひとつだった。
そこではホロコーストを否定する考え方があるとしてその言葉が用いられ、そうした歴史を歪曲する考え方の人々を、歴史修正主義者と呼んでいた。あのホロコーストをなかったものに? 明白な歴史の事実をなかったって? そんな発想があり得るのかと信じられない思いでその文章を読んだ記憶がある。

その信じられないことが今起こっている。ホロコーストと同時代のアジアでの虐殺も慰安婦の存在も疑わしいと、大真面目に言う人達がスクリーンに映し出されていた。上映前から話題になったいた「主戦場」のひとこまである。南京で殺された人数の違いや慰安婦の証言に一貫性がないなどの理由で、そうした事実は存在しないと結論づける彼等を、ナレーターが歴史修正主義者と呼んだことで、10年以上前の文章が蘇って重なった。映画に限らない。今の為政者にも歴史に蓋をしようとする姿勢が感じられる。自明の事実を覆い隠したい、その真意はどこにあるのだろうか。

これも昔々感じたことだけれど、周囲の色々な問題について、私達は無関心すぎるのではないだろうか。
私のルーツは朝鮮(南北含めてこう呼びたい)だが、私のアイデンティティは日本にある。例えば映画の中で慰安婦を否定した日本人がアメリカ人に「恥を知れ」と言われているシーンには、私のほうが恥ずかしくなった。幼時に韓国から日本に来た両親は、心情的には朝鮮人だったかも知れないが、日本語を母語として、日本社会に埋もれて暮らし、日本に帰化した。そんな両親の次世代の私は朝鮮を知らずに成長し、日本人として生きている。

私の学生時代だが、「申京ファン(漢字が出せない)君を支える」というのがあった。当時は私も知らなかった問題で、不勉強と言われたことを機にその学習会に行ってわかったのは、自分との関わりだった。そこで扱っていたのは在日朝鮮韓国人(その頃はコリアンという便利な言葉はなかった)の問題だったにもかかわらず、既に日本人的思考しかなかった私にも、ずっしりと関わってくる問題と知らされた。つまり在日問題などというものはなく、それはとりもなおさず日本人の側の問題だということだ。他の国の問題についても当然同じことがいえる。さらにいうなら、他の諸々の問題も自分自身の問題ということだ。
思うに「主戦場」も日本人こそ見るべき映画である。

10数年前に出た「北朝鮮を知りすぎた医師」という本の著者はドイツ人で、それゆえに危険な仕事に身を投じた経緯が語られている。あのナチスの蛮行を許したドイツ人だからこそ再び同じ過ちを犯すわけにはいかないのだ、と。だから今度は見て見ぬふりはできないと。私よりも若い、日本人なら親世代のしたこととは無関係と言いそうな年代の著者が、まさに前世代の負債をその身に引き受けているのだ。そうした若者を生み出したのは、ひとえにドイツの過去との向き合い方にあるのだろう。
かたや日本はといえば、スクリーン上に、自分とは完全に切り離した目でしか過去を見ていない若い議員が登場する。彼女は歴史修正主義の立場だが、歴史を認める立場でも自分が関わっていなければ責任は伴わない。
終わったことをいつまでごちゃごちゃやってるの、という雰囲気が、私の周囲にもある。


  閉じる