ミックスルーツ・ジャパンの催し
 

 9月18日に、ミックスルーツ・ジャパンの催し「樽満たし:日本で多様性を対話する会(Filling the Barrel: A Visual Conversation about Diversity in Japan)」に行ってきました。この催しは17日から24日までだったのですが、その中の「多ルーツ子育て座談会」に参加しました。会場には、「ハーフ」という言葉が日本で使われ始めた起源や歴史についての展示があり、主催者の方が訪れた人に解説していました。

 午後の最初の部は、アメリカでいわゆるハーフの子どもたちの教育に携わっている方々とスカイプでつながって、日英バイリンガル状態で話し合いました。子育て座談会には東日本の会員の方々もいらっしゃり、当会の紹介や意見交換ができました。また以前いちど西日本の催しにいらっしゃった方が「ハーフ」の研究者になっておられて、プレゼンをなさいました。ハーフ芸能人への両義的な視線や、日本の雑誌でよく特集される「ハーフメイク」についてなど、興味深かったです。また今子育てされている方は、日本社会に適応できない子どもたちはアメリカンスクールにいけば何とかなるという「神話」が流通しているが、必ずしもそうではなく、そこにはそこのヒエラルキーや問題があるのだと強調していらっしゃいました。

 ミックスルーツ・ジャパンの会も3、40代から若い世代への連携がいまひとつうまくいっていないとのことで、その理由としては、今の若い人たちは具体的に共通する制度的な困難を共有していないこと、いくら日英バイリンガルな催しにしようとしても日本語話者と英語話者のあいだに壁ができてしまうことが挙げられました。またWeb上で顔が見えない状態だと活発に交流していたハーフの人たちが、実際に集まってみると肌の色などの外見でグループに分かれてしまったという体験も聞きました。私は久しぶりに日本のミックスルーツの方々とお会いして、日本で育つ子どもたちは、海外で暮らしてきた私たちには想像ができないほど社会からのプレッシャーを受けているのではないかと感じました。うちの子どもたちにとってはミックスルーツや複国籍は当然であり、それのどこが悪いという一種のふてぶてしさがあるのですが、今の日本ではどうもそういう態度では生きていきにくいらしい。そしてそれは、現行の制度をどうにかすればすぐに何とかなるという種類の問題でもなく、常に個人的に日本社会への忠誠を見せなければいけないというプレッシャーのようだ、と強く感じました。


  閉じる