海を渡るルーツの物語
 

 ルーツ、とっても魅力的な言葉です。特に私達のように国境に振り回されている人間にとっては。
子供の頃、手塚治虫の『火の鳥』が好きでした。ヤマトタケルノミコトのクマソの退治のシーンでは、母方が熊本の出なので、当然のようにクマソを応援していました。ヤマト朝廷が他の民族を征服していく物語に興味があったので、他の子供に混血/合いの子、とからかわれても、日本人だって色々混じってるでしょ、と反論していたぐらいです。
祖父の顔つきから、南方系、小舟を繰って小さな島伝いに日本に辿り着いた祖先がいるのではないか、というのも好きな物語でした。ポリネシア諸島に思いを馳せれば、国籍やハーフなんていうアイデンティティーは小さなものになってしまいます。
ラッキーなことに、父方も祖母がブルターニュ出身なので、フランス人というよりは、ケルトの血を引いていると言うことができて、なかなか楽しいのです。ブルターニュはフランスの北西にある地方、イギリスのウェールズやアイルランドと共にケルトの土地です。
お城やお姫様の物語より、妖精や魔女に惹かれていた私には、ケルトの物語の方がしっくりきます。
といっても、祖母は自分のことをブルトン(ブルターニュ人)でない、と言っていました。ブルターニュ出身であることが貧しさの象徴であったからでしょうか。ブルトンであることに誇りを持てるようになったのは、父の世代からのようです。
ルーツは、国籍とは違って、自分で選べるものだと思っています。父方母方、辿り方によって無数に物語が語れる、どのルーツを選ぶかは、自由です。
日本で育ちましたが、20年も離れているので、日本の社会に属している感じがしません。在日外国人たちのほうが、よっぽど日本にコミットしているな、と感じます。
パリに住んで20年、まだ人生の半分にはいかないけど、もう充分にパリジェンヌです。とはいえ、パリがルーツの私の子孫が居てもおかしくなかったのだ、と考えると、さすがに不思議な感じがします。


  閉じる