ドイツへの帰化申請中
 山片重嘉(ドイツ) 
 

こんにちは!ドイツ在住の山片です。

娘の国籍喪失と自分のドイツ帰化申請

ドイツ滞在も21年になり、2019年7月にドイツへの帰化申請をしました。ブレキシット以降イギリス人のドイツ帰化申請者も増えているということで、帰化審査には6ヵ月から9ヶ月かかるとのことでした。

そもそも自分のドイツ国籍取得について考えはじめたのは、私たち夫婦は共に日本国籍なのに、次女がドイツで生まれ日本国籍を取れなかったことにあります。

日本国籍が取れない?まさかそんなことはないだろう、ちゃんと申請すれば日本国籍は得られるだろう、と思っていましたが、調べてみるとそんなことはなく、1日でも期限を過ぎていたら駄目だということが分かりました。

当時、私はすでにドイツに8年以上滞在して永住権があったので、次女は自動的にドイツ国籍を取得しました。その場合、日本の国籍法第12条により、外国で生まれた二重国籍の子どもは、出生後3ヶ月以内に領事館に出生届(留保届を内包している)を出さなければ日本国籍は出生に遡り失われてしまうということだったのです。

このことを通じて、国際結婚を考える会(AMF)とも縁を得たのでした。

ちなみにうちの家族は妻は日本国籍のみ、長女は出生によりドイツと日本の二重国籍ですでに日本の国籍選択届けを提出済みです。外国人同士の子供である長女の場合、ドイツ側は、学校に6年以上通うなどの条件付きで将来も重国籍が認められます


子供の時の体験

しかし振り返ってみると国籍や国境のことを考え始めたのは子供の時に遡ります。

中学生の時に父親の単身赴任先のマレーシアに家族で旅行をした時の体験、国が違えば常識も法律も違うということにカルチャーショックを受けました。

またもっとたどれば、2歳から4歳まではアメリカのミシガン州で現地の幼稚園に行っていまいした。その後、日本に戻ってから日本の幼稚園では違和感を感じ「ここは自分の居場所ではない」という感覚があったのを覚えています。

そのような体験からも国、国籍、時代や文化によっても異なる常識については子供の時から考えを巡らせていました。


ドイツ国籍になった場合の利点

さて、私がドイツに帰化しようと思った理由はいくつかあります。

【娘と一緒】一つは娘のことがあったので、例えば、家族四人で日本に帰った時に、空港の入国コントロールで、娘と一緒に外国人枠のパスポートコントロールに並ぶことができるように、、、ということが気持ちの上でのきっかけですが、メインの理由は別にあります。

【EU内の移動と労働の自由】私はドイツで自営業をしています。ヨーロッパの場合、外国人はドイツに永住権があってもそれで他の国に滞在したり仕事をすることはできませんが、ドイツ人となりEU市民になれば EU内のどこの国にでも居住し、仕事をしても良いことになりますので、自分の事業をする上でもこれは非常に好都合です。

【滞在の安定性】永住権は基本的には6か月ドイツを離れれば無効になります。国籍があればもちろんそのような制限はありません。(ただし15年以上住んでいる場合にはこの制限を解除する申請ができます。)

【参政権】国籍があればもちろん選挙権を得られます。自分が今後もこの国に住み、ここに生まれ育つ自分の子供がいる中で、ただでさえ立場の弱い外国人なのに、民主主義の世界で一票を投じることができないということは不利です。

【その他の権利】上記のように永住権と国籍では実際にその国で待遇や受けられるサービスが異なることがあります。今後ドイツで、またEUとして国籍のあるなしによって法律的・社会的な待遇にさらに差が生じるということがあるかもしれません。そうであるとすればドイツ国籍を取りEU市民になっておいたほうがいいであろうと。

【リスク回避】私たち夫婦は日本人ですが、妻は日本国籍のまま、私がドイツ国籍を取れば夫婦で二つの国の国籍を持つことができますので、将来的にどちらの国にもスムーズに移住したり、また有事の際にはどちらの国にも庇護を求めることができるかもしれません。それに一度外国籍を取得しても再帰化も1度は可能なのですから、将来日本に住み日本国籍があったほうが有利であれば再帰化をすればいいだけのことです。
以上のようにドイツ帰化申請の理由は功利的なものであって、ドイツが好きとか、文化に溶け込めたからとか、感情的なものはありません。


国籍に対する私の考え

私にとって「国籍」は自分のアイデンティティーとは何の関係もありません。
両親は日本人で、日本で生まれ育ち、見た目も細い目の完全アジア人ですから、日本人としての意識というものはもちろんあります。オリンピックやワールドカップではやはり母国日本をまず応援している自分がいます。しかし「国籍」は単なる書類上の記号であって、自分にとっては単なる滞在権の延長のようなものです。国籍がどこであろうと「日本にルーツを持つ」というアイデンティティとは全く別物です。

もちろん、国籍にアイデンティティーを感じている人を否定するつもりはありません。

ただ、それにより特定の国籍を得られないことで精神的に苦しむ人がいるとしたら、国境という線が地面に書いてあるわけではないように、国籍なんてものも、人類の歴史からすればつい最近の国民国家になってから勝手に作られた概念であって、自分自身という人間の存在や価値、アンデンティティーとは実は何の関係もないんじゃないの、って問い直してみてもいいのではないかと思います。


山片重嘉 mail


  閉じる