素顔の国際結婚
外国人を夫にもった女性たちの体験エッセイ集 
(ジャパンタイムズ 1986年) 

会員たちの国際結婚体験をまとめました。



楽しくやろう国際結婚  (明石書店 1990年)

会員たちの国際結婚体験集。


 



二重国籍  (時事通信社 1991年)

日本の国籍選択制度への疑問をきっかけとして、二重国籍であるとはどういうことなのか、を肯定的に展開したもの。
資料として、会が行った各国重国籍法制調査の結果も添付・説明しています。



国際結婚ハンドブック
(明石書店 初版1987年 〜 5版2007年)
 

国際結婚に関係する法律や制度・手続について婚姻から遺言まで詳細に説明。







国際結婚・離婚ハンドブック
日本で暮らすために知っておきたいこと 
国際結婚を考える会 
田代純子 著 (明石書店 2011年5月)
 

『国際結婚ハンドブック』の新装版。
日本の法律や手続きをひと通り紹介し、婚姻・子育てから遺言までの情報をまとめました。


  



外国人をつくりだす
戦後日本における「密航」と入国管理制度の運用 
朴 沙羅 著 ナカニシヤ出版 2017年7月)
 

占領期、在日朝鮮人はいかにして「外国人」として登録され、入国管理の対象となったのか。詳細な聞き取りと資料から明らかにする。




大学生活の迷い方 女子寮ドタバタ日記 
蒔田直子 編著 (岩波ジュニア新書 2014年10月)
 

勉強にバイトにサークルに、もちろん彼氏だって……。
明るく楽しい毎日ならいいけれど、現実は、悩んで、転んで、落ち込んで……思い通りにいかないことばかり。
女子学生寮の寮母として30年にわたって学生たちに寄り添ってきた著者による不器用な生き方のすすめ。





国籍のありか
もりき和美 著 (明石書店 1995年8月) 

単一民族にこだわる日本の現行国籍法がどんなものであるかを検討。ヨーロッパ等外国の国際法の変遷や、在日韓国・朝鮮人たちの意見などをふまえ、これからの国籍法のあり方について提言する。



「乳と蜜の流れる地」から
非日常の国イスラエルの日常生活 
山森みか 著 (新教出版社 2002年5月) 

イスラエルに暮らす旧約聖書学者が、ユダヤ人の夫、子どもたちや学生、アラブの友人たちとの日々の交わりを通して、この民の特異な生活世界のあり様を綴る。
幻想も幻滅も排し、あくまで現実の重層性に迫ろうとする試み。





バイリンガルはどのようにして言語を習得するのか
山本雅代 著 (明石書店 1996年12月)
 

二つの言語を話す人々(バイリンガル)の頭の中は、いったいどんな具合になっているのだろうか。
バイリンガルの言語習得のしくみ、脳や知能との関連についてなど、最新の研究を紹介。




ベーグル・マジック ベーグルサンドイッチの本  
ウオーラー・マーティン&ちづ子 著 
(文化出版局 1999年10月)


最近話題のヘルシーなパン、ベーグル。その作り方から、
バリエーションに富んだ種類を使ってのサンドイッチのレシピ。
アメリカ・カリフォルニア料理も紹介。



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム