会報バックナンバー
 2004年 
 2005年
 2006年
 2007年
 2008年
 2009年
 2010年
 2011年
 2012年
 2013年
 2014年
 2015年
 2016年
 2017年


2017年6月・7月合併号

■特集「海外グループ」連載第1回
・海外グループとは
「海外グループ」を構成すると、グループ割引が効くだけでなく、グループ内で交流ができ、楽しくなる。グループ割引が効く理由は、グループ人数分(+α)の会報がリーダーの元に届き、それをリーダーがグループメンバーに転送または手渡しするので、日本側からの郵送が楽になるから。リーダーにはこれに関する業務が付随する(転送や会計を別の者が担当するグループもあり)。
・グループ紹介文第1弾(3グループ)
アメリカその1「ひまわりの会」、オランダ「かもめの会」、ドイツ。
・アンケート調査についての説明
各グループ(旧グループを含む)のリーダーに対するアンケートと、グループ会員(複数グループへの参加経験者を含む)へのアンケートを実施。また、一部の海外個人会員にも連絡した。旧グループの参考として、日本に昔あったグループ(地域ベースの「会」)についても調べた。
・リーダーに対するアンケート回答発表(その1)
グループの概略データ/設立のきっかけ/リーダーになったきっかけと、なって良かった点/リーダー業務について/グループ内外の交流/会費支払いの難しさなど。
■会に寄せられた相談
質問:マイナンバー 海外送金などについて教えてください。
回答:総務省の説明=マイナンバーカードは公的な身分証明書となる。/マイナンバー・マイナンバーの通知書・マイナンバーカードの違い/外国人とマイナンバーカード=外国人にも適用され、滞在期間に応じた有効期間となる。/まとめ 海外在住者は長期間日本に滞在しないとマイナンバーカードはとれない。インターネットを利用した海外から日本への送金に現時点ではナンバーカードは必要ないらしい。回答者が日本からフランスへTransferWiseで送金した時、登録時に必要だった。
■終の棲家はどこ
アメリカに住む娘のところが終の棲家になるのか、または日本に最期までいるのか定かではない。遺体は役立ててほしい。遺体を焼くのは資源や環境に優しくないので、できればコンポストあるいはフリーズドライで粉砕して地面に戻してほしい。
■終の棲家
夫に先立たれたら日本に住みたいが、元気でなければ引っ越しはできないだろう。死んだら魂はお墓にはいないつもりなので世界のどこにいても同じ。樹木葬はいい案だと思う。夫婦でもっと話し合わなければならない。
■平等に貧しくなればよいと思い続けてきました
素朴に助け合う社会への憧憬。
■「危機感」AMF-MLへの投稿より
共謀罪を立証するためには監視や盗聴が必要になる。自由にものが言えなかった治安維持法の時代を思い出す。共謀罪成立で沖縄はどうなるのか。
■重国籍の子供たちのための国籍法勉強会
40名の参加者が武田里子氏を講師として国籍法を勉強し、活発な話し合いが行われた。これから隔月で当事者の子供たちで勉強会を続けていくことになる。
■フランス原発の政策の転換
フランスは2025年までに17基の原発を廃炉にすることを決定。
■お詫びと訂正
■8・9月号原稿募集
■編集後記

 



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム