会報バックナンバー
 2004年 
 2005年
 2006年
 2007年
 2008年
 2009年
 2010年
 2011年
 2012年
 2013年
 2014年
 2015年
 2016年
 2017年


2017年2月・3月合併号

■ここが知りたい!重国籍大勉強会
・まとめ(田中)
2016年11月京都で開かれた重国籍にまつわる講演会では、5人のパネラーがそれぞれの立場から重国籍容認を訴え、重国籍者の人権を擁護する発言をした。このうち4人に改めて書き下ろしてもらった。実現できなかった吉田容子さん(弁護士)の発言も含め、会のホームページの動画で様子を見ていただきたい。    
・グローバル時代の国籍について考える(森木)
1985年の国籍法改正以前の状態/改正に伴う国籍選択制度の導入とその問題点/準正による国籍取得や留保制度による国籍喪失/複数の国籍を持つ者、持たない者の権利と平等
・講演のまとめとその後の感想(近藤)
85年の法改正が示すもの/アメリカにおける日本人の国籍状態(重国籍者が多数)/事実上の二重国籍状態の維持の困難さ=パスポート更新時の問題/パスポート申請時役所により対応に違いがある/今後取り組む姿勢としてどうあるべきかは課題
・レイシズムとしての国籍 蓮舫の二重国籍問題をめぐって(朴)
蓮舫議員の二重国籍問題はレイシズムの問題/マスコミ・ネットにおける問題の広がり/二重国籍の「違法性」法務省は黙認/蓮舫議員の対応のまずさを批判する声には毅然と反論を/二重国籍者のアイデンティティにチェックをいれる?/レイシズムの定義/重国籍者に「日本への忠誠心」を求めることは極めてレイシスト的な考え/問題視することの根底には、女性への差別感かつミックスルーツの人々への嫌悪感
・蓮舫さんに対する国ぐるみのリンチについて考える(水谷)
自身の生い立ち、その不安定性/同じ立場の者として理解できる/怖かったのはこの件への犯罪視/日本人の消極的な感性が顕著に現れた単一国籍への強烈な圧力/日本人は発想の転換を
■請願報告と署名のお願い
請願係より、集まった署名と紹介議員について報告。また、署名の数を簡単に倍増するアイディアの紹介。
■国籍選択届を出すのを躊躇するわけ
会報前号に掲載された「国籍選択届の出し方」の記事に反応して、なぜ22歳を過ぎても選択せずにいる人たちが多いのか、その理由を述べる。
■二重国籍者の結婚手続き
フランスに住む日仏二重国籍者の女性が日本人男性と結婚するにあたってとった手続きの記録。
■夫の母が亡くなるまで
イスラエルにおいて、一人暮らしの夫の母が癌の末期状態になったため、住み込みの外国人労働者(ルーマニア人)に介護を頼んだが、誠実で働き者で大変頼りになった。イスラエルでは国の施策として、住み込み介護をする外国人労働者には労働ビザを出している。
■引っ越しの先に。。。
世界中を転勤し続けるドイツ人男性と結婚して11年になる。その間三人の女の子も生まれ、子どもたちは多くの国を転々としながら成長していくが、行く先々で教育の問題に頭を悩ます。
■新会員の自己紹介
・結婚以来アメリカに住み、子育てと仕事をしてきたが、子どもも成長し、夫婦の引退生活も目前である。AMFの国籍法改正の取り組みに共鳴した。(M.K.)
・日韓の重国籍者で、会では重国籍のことをやっていきたい。(S.P.)
■東日本新年会報告
浅草にて。参加者11名だったが、心地よい雰囲気の中楽しく食事と親睦ができた。
■カンパ報告
多くの会員からカンパがあった。
■総会予定
・西日本 3月27日(月)13:00〜 同志社大学 松陰寮 事務所にて。
・東日本 4月23日(日)13:30〜16:30 東京麻布台 セミナーハウス 6階会議室にて。
■ネット情報3点
・会報をパソコンで読もう! 会報pdf版をweb上にアップ(会員限定サービス)。 
「オピニオン」新設 会のHPに寄せられた意見を載せるオピニオンのサイトができた。 
AMFのフェイスブック 会員へ利用の呼びかけ
■会報4・5月号原稿募集
特集テーマ1=変動する国際政治:私たちが受ける影響とは? 2=わたしの終(つい)の棲家
■編集後記
今回も予想以上の投稿があり、全部は載せきれなかった。

 



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム