会報バックナンバー
 2004年 
 2005年
 2006年
 2007年
 2008年
 2009年
 2010年
 2011年
 2012年
 2013年
 2014年
 2015年
 2016年
 2017年
 2018年
 2019年


AMFデジタル 3号 (2019年10月)


【表紙】 ナミビア:砂の砂漠
【紀行】 ナミビア ― 世界で一番古いナミブ砂漠
 アフリカ南西部にあるナミビアには二つの砂漠(ナミブ・カラハリ)が南北に走る。ナミブ砂漠は世界最古でユネスコ世界遺産に指定されている。砂の砂漠、岩石砂漠から構成され、それぞれの美に魅了されるが特に日の出・日没は秀逸だ。
【国籍】 11月10日ZOOM講演「ある国際家族のビザと国籍の旅」
 外国国籍を取得した後でも保持したまま日本への帰化が可能である、という実例を示したもので、プライバシーを考慮して会員限定とする。講師との質疑応答時間もある。
【歴史】 映画「主戦場」論争を巡って
 日系アメリカ人監督が製作した映画「主戦場」は、慰安婦問題を中心とした過去の事実に関して対極的な見解をもつ日本人・外国人たちの証言の綴ったドキュメンタリー仕立てである。
【アート】 「あいちトリエンナーレ2019」によせて (1)
 「表現の不自由展・その後」のいきさつ。去年から見に行くのを楽しみにしていた。開幕後すぐ抗議電話殺到で大混乱に。実際の現場はどうなっていたのかの現地ルポ。
【子ども】 ハーグ条約情報セミナー@ブリュッセル
 在ブリュッセル日本大使館におけるハーグ条約についてのセミナー報告。外務省領事局ハーグ条約室で実際のケースを扱っている講師が、国際離婚に伴う実子の移動についての具体例を想定して、支援の申請の流れ等を説明。
【国籍・税】 アメリカのFATCA : 国により違う対応
 世界中の自国民に所得申告を課しているアメリカ。特にFATCA導入後、アメリカとの二重国籍者には厳しいものとなった。ヨーロッパでの様々な影響。日本は?日本政府は日米二重国籍者には銀行に個人情報を提供させる措置をとった。拒否すれば口座開設は不可能である。
【国籍】 国籍にふりまわされる
 筆者は国籍法の曖昧な理解のまま過ぎてしまった時間を惜しむ。今こそ選択制度から、外国籍取得が日本国籍喪失につながる法律へ比重をかけるべき、と思う。
【調査】 複数国籍「国民の受け止めは寛容」
 佐々木てる氏チームは9月9日「国籍についてのWEB意識調査の結果」をプレスリリースとして発表した。毎日新聞は後日佐々木氏にインタビューをして、さらに濃い内容のものにした。
【裁判】 国籍はく奪条項違憲訴訟 第6回 10月10日報告集会レポート
 前回の裁判所の態度から結審が近いかと思われていたが、実際は次々回以降の話が出て、更なる当事者の聞き取りについての言及があったところから、地裁での裁判はまだ続いていきそうである。
【写真】 花火 2019
 8月11日恒例の淀川花火を定点撮影 6枚
【新入会員のご紹介】 新しい4人の仲間を迎えました!
【子ども】 東日本定例会報告「父親の視点から見た異文化の子育て」
 二人のお父さんが語る。Sさんは主に息子さんがたどった学校の履歴について。海外で暮らした期間も含めて、常にその時々の息子さんの状況に応じて判断しながら学校を選んだことを話された。Yさんは、ロシア人の妻が快適に生活できる環境づくりと3人の子どもたちの学校にも保護者として積極的に関わっている様子を話された。
【国籍】 私のお勧め 新刊『二重国籍と日本』筑摩書房
 9名の執筆陣の中には、AMF会員馴染みの名前が並ぶ。第一部【蓮舫氏問題を考える】では蓮舫氏問題すなわち台湾・日本の国際結婚の子どもの国籍を考えるもの、第二部【国籍と日本人】では現在東京地裁で進められている国籍法11条1項違憲訴訟関連のものである。
【社会】 スウェーデンで献血をする
 スウェーデンの田舎の暮らしを綴る人気ブログ。献血という行為にも社会的責任が伴うことを実感させられる例。
【紀行】 モーリシャスの思い出
 インド洋に浮かぶ小さな国モーリシャス、そこでの新婚生活や出産、そして身近にいた善意に溢れた人々との8年間の滞在を思い出の写真を見ながら懐かしむ。
【歴史】 私のお勧め ドキュメンタリーアニメーション映画「対馬丸 さようなら沖縄」
 第二次世界大戦中沖縄から本土に学童疎開する子供達を乗せたまま、アメリカ軍の潜水艦に攻撃され沈没した「対馬丸事件」のドキュメンタリー映画。
【地域の会】 東日本秋の定例会は、恒例の新宿御苑散策



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム