会報バックナンバー
 2004年 
 2005年
 2006年
 2007年
 2008年
 2009年
 2010年
 2011年
 2012年
 2013年
 2014年
 2015年
 2016年
 2017年


2017年4月・5月合併号

■日本と移民、そして私たち
・平等に貧しくなろう(上野千鶴子)
2月11日付 中日/東京新聞より〜日本は今転機にある。人口減少への対策として移民が考えられるが、日本人は多文化共生に耐えられないだろう。そうであれば、日本は人口減少と経済的衰退を引き受けるしかない。
・上野千鶴子さんの「移民」をめぐる発言について
二者択一的な論調に違和感を覚える。移民を受け入れて活力ある社会を形成すべき、となぜいえないのか? 
・上野千鶴子さんの「皆で平等に貧しくなろう」発言をめぐって
国際結婚をした者として自分たちも移民であると認識するに至った。現在において実質移民の外国人は、日本政府の欺瞞的な政策によって不当な扱いを受けている。「移民」認識の議論が深まることを希望する。
・編集者のひとこと
上野さんの発言に疑問を持ち、この記事を企画した。
■特集「変動する国際社会:私たちが受ける影響、子どもの将来は?」
・【ドイツ】おっと、オットーとなる
長年ドイツに滞在した英国籍の夫がBrexitをきっかけにドイツ国籍を取得した。
・【ドイツ】難民問題雑感 
多種多様な人種の棲家であるベルリンに住んでいるため、あまり難民を意識することはなかったが、最近プレハブが建ち始めて実感した。夫や息子は難民に同情している。
・【オランダ】オランダはどこにいくのだろう
難民について肯定的、否定的な意見がある中で、子どもたちは将来に対して楽観的だ。文化は変化するもの、いろんな国の人と共存していけばいい。
・【ベルギー】2017年ブリュッセル近郊、国籍をめぐる情景
最近身近に国籍変更のケースを多く見聞きして、やはりEUは頼りにされていることを実感する。
・【イギリス】私の中の黒い霧
4%弱の差で決定したEU離脱。イギリス社会が真っ二つに分断され、自分も移民であることを自覚する者として、いろいろなことを考える毎日だ。
・【イギリス】イギリスと移民問題
Brexitが決定した時、やっぱり、と思った。ただ、自分たちに影響があるとは思えない。あと何年か経たないと結論は出ないだろう。
・【フランス】全政界にひろがりつつある極右のイデオロギー
テロ攻撃に関わった二重国籍者からフランス国籍をはく奪するという憲法改正案が左派の大統領から提出された時大きな衝撃を受けた。
・【イスラエル】不確定な未来に向けて
この地においての長い滞在を通して自分の信条や価値観が覆される体験をしてきた。子どもたちは政府や政治家を信じておらず、世界のどこでも通用するように自分を磨き、いざとなったら助け合えるようなネットワークを保っていくことに腐心している。
・【オーストラリア】変動する世界の中で
移民に対する強硬なアメリカ大統領の政策を目の当たりにして、オーストラリアで移民として生きる自分にできることは、よき隣人であるよう努力することだと考える。
・【アメリカ】改めて国籍について考える
家族で日本からアメリカに移って27年、アメリカ国籍を取ってから10年が経った今、再び日本へ戻る可能性が出てきた。外国人として日本に住むことに思いをめぐらせる。
・【アメリカ】変動する世界、わたしたちへの影響は?子どもや孫たちの将来は?
トランプ大統領が誕生して以来、アメリカでは幅広い年齢層にわたり政治に対する興味が高まっている。変動する世界に生きる一員として、誰もが自分の住んでいる国の行く末に大きく目を見開いているべきだと思う。
■フランス大統領選挙 投票レポ―ト
ドイツに住む日仏二重国籍の会員が、第一回投票に参加し、決選投票は代理投票を利用したことを報告する
■総会の報告  
《西日本》2016年度の会計報告、定例会報告、今後の予定など
《東日本》2016年度の会計報告、定例会報告、今後の予定、会全体としての提案など
■東日本7月定例会予定
「重国籍の子供たちのための国籍法勉強会」7月9日 講師は武田里子さん
■お茶の水古本基金
不用になった本、CD、DVDなどを有意義にかつ無料で処分する方法の紹介
■2016年度会計報告
■会報6・7月号の原稿募集
@「海外グループ」 海外グループに関するすべての情報を網羅する企画。質問など募集
A「日本に帰ってきました」 海外滞在を終えて日本に帰ってきた人たちの体験を募集
■格安海外送金手数料
手数料が驚くほど安くて、パソコンからの操作で利用できるTransfarWiseというサービスの紹介
■編集後記
TransfarWiseを利用しての感想など



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム