会報バックナンバー
 2004年 
 2005年
 2006年
 2007年
 2008年
 2009年
 2010年
 2011年
 2012年
 2013年
 2014年
 2015年
 2016年
 2017年


2017年8月・9月合併号

■ 特集「海外グループ」連載第2回
・リーダーに対するアンケート回答発表(その2)
メンバーとの連絡の手段/解散に至りやすい理由と、解散後のつながり/宣伝の方法とイベントのアイデア/リーダー同士の交流/希望するリーダー業務の支援など/新グループを設立したい人へ
■重国籍の子どもたちのための国籍法勉強会
・参加の皆さまへメッセージ
重国籍者は日本では日本人としての自覚を持ち、一方の国籍は一方の国でのみ使い、二つの国籍を持つ権利を同時に主張しないでほしい。それはたとえ国籍選択制度が撤廃されても同じです。
・講演レジュメ
国籍について/蓮舫議員の国籍法問題のおさらい/女子差別撤廃条約批准のための改正/運動の主体は母から当事者へ/日本弁護士連合会の意見
・報告 
〈進行役をつとめて〉どこにルーツがあろうとも、当事者の不安や願いは同じだとわかった。私たちは誰も日本社会から除外されたくない。そのままの姿を認めてほしい。スパイではなくて両国の懸け橋なのだという想いが参加者から伝わってきた。
〈勉強会までの経過と報告、そして抱負〉地方に住んでいた時は二重国籍について相談できる人はいなかったし、東京で大学生活を送っていてもバイレイシャルや二重国籍の人と出会うことは少なかったが、フェイスブックを利用したところ想像を超える反応があった。勉強会当日は多くの参加者があって実りある話し合いが行われた。日本が好きだから、これからも日本が住みやすい国であってほしいと思う。
・出席者の感想
〈親世代の参加者〉 @グローバルの最前線にいる重国籍の子どもたちを大切にし、この子どもたちを捨てるような法律は現実に即した法律に改めるべきだと思うようになった。A米国籍を取得したけれど国籍喪失届は出していないし、30歳の娘も二重国籍のまま国籍選択宣言をしていないので、二人とも国籍問題のただ中にいる。今後の活動にぜひ参加したい。
・アンケートへの回答
〈子ども世代の参加者〉勉強会に参加するまで国籍選択制度に関する知識がなかった。勉強になり疑問を解消することができた。国籍は自分のルーツの証明であり、それを認めないことはその人のルーツおよびアイデンティティを奪い取ることになる。これからも同じ立場の人と話し合い国籍問題解決の力になりたい。/会の方々の努力のおかげで心配せずに生活できていたと実感した。国籍問題は自分自身のことなので知識を得る努力をし、重国籍者という自覚と誇りをもってそれに伴う責任について考えてほしい、と自分を含めた当事者に伝えたい。etc.
■サンドラ・ヘフェリンさんのブログ「ハーフを考えよう」より転載
「国籍問題について思うこと」 @「親のことも考えてあげて」〜ハーフの人たちにとって国籍の話はずっとそこにある問題。国籍を一種のロマンと結び付けて考えるのはちょっと違う。「親の病気」なども含めて長期的に人生を考えた場合、「日本が大好きだから、日本国籍を選ぶ!外国の国籍は破棄でいい」という簡単な話ではない。A「法律よりも社会的制裁」〜二重国籍に関して法律(日本国籍を選択した場合の外国製離脱は本人の努力義務であり強制ではない)がグレイゾーンを残しているだけに社会的制裁の方が怖い。
■第二回重国籍の子どもたちのための国籍法勉強会開催の案内
2017年10月8日 東京麻布台セミナーハウスにて 14時〜17時
テーマ:第一回勉強会の振り返り/戸籍と国籍について 蓮舫議員の戸籍開示をめぐって/参加者からの国籍にまつわる体験報告など
■新入会員紹介
■東日本秋の定例会 2017年10月29日11時より新宿御苑にて
■署名のお願い
■10・11月号の原稿募集
■編集後記



   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム