会報バックナンバー
 2004年 
 2005年
 2006年
 2007年
 2008年
 2009年
 2010年
 2011年
 2012年
 2013年
 2014年
 2015年
 2016年
 2017年



































































































































 


会報ダイジェスト 2010年

2010年10月号
■ 特集 今の日本をどう思いますか
少子高齢化の加速する日本の民意は「内向き」「右傾化」している。
地政学的にも中国圏とアメリカ圏の境界線上にあり「再鎖国化」に
向かっている。外国人参政権や重国籍容認の運動は政治的課題を
前面に出すより一般世論に理解してもらう事が効果的。
■ あの街・この町
「バニー村(グラウビュンデン州)の生活」
■ 私のおすすめ 「1985年 花であること」
■ 韓国の6月2日地方選挙
■ 新入会員紹介
■ 9月号「二重国籍 法律と現実」を読んで
■ 広い空を見に行くと、気分が晴れます
■ 各国の学校事情
■ チャリティコンサートのお知らせ



2010年9月号
■ 二重国籍 法律と現実 
日本国籍を捨てないでアメリカ国籍を取得し、それを周囲の人にも
勧めているアメリカ在住の会員(弁護士)と請願委員の対話
■ 7月号特集「うつ病」を読んで
■ 請願報告・署名のお願い
■ 海外会員との交流会報告
■ 関東10月定例会のお知らせ
■ お知らせ
「国際結婚を考える会」30周年シンポジウム
「今、外国人地方参政権を考える」
■ 10月号会報原稿募集



2010年7月号
■ 特集 うつ病
・ 国家的課題として啓発必要
・ うつ病ではありませんでした
・ うつ病でした
・ うつ病
・ 母を亡くして
・ 薬を飲んでいます
・ ウツになりたいという病
■ 韓国国籍法改正「複数国籍」容認へ
■ 生まれて初めての選挙
■ 新入会員紹介
■ ドイツ育ち19歳東京で日本語学校を体験
■ 八分の一日本人
■ 私のおすすめ YouTube より
■ 今月のカンパ報告
■ 西日本の会よりのお知らせ
■ はじめて編集を担当して



2010年6月号
■ 特集 世界に根付いた日本文化
・ イスラエルで見られる日本文化
80年代半ばには醤油も無かったイスラエルで、現在ではポップ
カルチャーが若者の心を惹きつけている。
・ ノルウェーの中の日本
ノルウェーにもしっかり日本の製品や文化が届いている。特異なのは
日本式じゃんけん。
・ BUTO(舞踏)
ヨーロッパでは役者が身につけるテクニックの一つとして重要視され、
模倣する段階から特有の舞踏が模索され始めている。
・ ロシアにて
モスクワから2000km南の都市にも日本語センターがある。
・ 数独
20年以上前に日本で「ナンプレ」と呼ばれていたパズルがどこの本屋
でも平積みになりしっかり根付いている。
■ 在外投票における国際結婚の意義
異文化交流・国際交流に大切なもの。海外在住の日本人・日系人の
役割。海外からの視点を国政に反映させる在外投票制度の実現。
■ お勧めの本 「ぼくは日本兵だった」
■ 動物愛護活動に思うこと
■ 5月号会報の編集を担当して
■ 5月西日本定例会報告
大阪市立大学人権問題研究センターによる「永住外国人への地方
参政権の法制化をめぐる動向」の講演会にて開催。
・ 外国人参政権の講演会を聴いて
■ 請願報告 2010年6月
■ 2010年度 全体世話人会 議事録
■ 7月号原稿募集 特集「うつ病」
■ 東日本7月定例会のお知らせ



2010年3月号
■ 歴史を学ぶ・歴史に学ぶ
・ 加害の歴史を若い世代に伝えるドイツの努力
成人の職業別グループを対象とした、ナチの加害の歴史を学ぶ
研修会を聴講したレポート
・ イスラエルの歴史教育
出来事を通事的に追う年表暗記形式ではなく、あるテーマを様々な
角度から徹底的に掘り下げようとするのが基本的スタンス。背後に
西欧的視点に対する懐疑がある。
・ 歴史教育に思う
従来の歴史教育は古代に始まって現代に近づくが、逆に現代から
始めて過去に遡るのがいいのではないか。
・ 尊厳のバトンを受け取って
在日一世の女性たちの「オモニ学校」に教師として参加。そこで自分の
人生を変えるようなことを学び感じた。
・ フランスの歴史教育
2004年にベルリンで開催された「独仏高校生500人による模擬
国会」で提案されたことが実行され、2006年に「独仏共通歴史
教科書」が発行された。
■ 兵役制度について AMF-MLより
イスラエルとドイツの会員がそれぞれの国の兵役制度について
交わしたメール。
■ オリンピックと国籍
■ 請願報告
■ ハーフの気持ち
ハーフの気持ちがわかるのはハーフだけではない。
■ おめでとう30周年
■ 英国グループ誕生
■ 会報コーディネーター・会報編集者募集
■ 共同請願から請願協力へ
AMFはイストの会(現複国籍PT)との共同請願で日本版US-Visit法
反対運動をしてきたが、今後、複国籍PT(旧イストの会)の運動に協力
するかたちとなった。
■ 複国籍PTよりの請願署名のお願い
■ 東日本総会案内



2010年2月号
■ 請願委員便り
■ AMF30周年記念特集Vol.1 「おめでとう、30周年!」 
1980年に東京で7人の女性たちが「国際結婚を考える会(AMF)」を
発足してから今年で30年……。おつきあいのある海外グループ、会員
の皆様から寄せられた「ひとこと」をご紹介。
■ 特集 日本語教育
・ どうしていますか?海外での日本語教育
日本に語学留学中の会員のお嬢さんからの寄稿。
・ 日本語教育・お役立ち情報
・ 海外の日本語教室から(アメリカ、イスラエル)
海外で日本語教師としてで活躍中のAMF会員お二方からイスラエル、
NYの日本語教育事情に関する寄稿。
■ 私のお勧め映画 「Julie & Julia」
■ 会員の活動紹介 (フランス)
■ 新入会者自己紹介
■ 東日本新年会報告/東日本総会のお知らせ
■ 西日本新年会報告/西日本総会のお知らせ 
■ 新年度の会費納入のお願い/海外会計からのお知らせ



2009年12月・2010年1月 合併号
■ 請願委員より新年のご挨拶
■ 2010年複国籍PT(旧名IST請願の会)活動予定
■ 入管法の大幅改定
2009年7月15日に改正され交付された入管法について、
わかりやすく説明しています。
■ 韓国で重国籍解禁
■ 奪われる子 国際離婚の陰で
■ 怪文書!!
■ MLから ビーツのレシピ
MLで交わされた、いろんな国からの、楽しく美味しく役に立つレシピ
談義をご紹介します。同じ材料(ビーツ)を使ったお国ごとのさまざまな
レシピ集。
■ あの町・この街 フィンカフェーン(オランダ)
■ 私の外国人度(フランス編)
■ イスラエルでの老後
■ 古本を送りませんか?
■ 今月のカンパ報告
■ 新年度の会費納入のお願い
■ 新しい形の国際結婚ハンドブック進行中
■ 西日本定例会のお知らせ


   
会のプロフィール会のあゆみ入会案内会報出版物定例会国籍法請願運動ホーム